★ブログ

★[ご報告]第一子が誕生しました!出産に至るまでのストーリー

こんにちは!新米パパあきら(@sinmaipapa0407)です!

知ってる方もいるとは思いますが我が家に愛娘が産まれましたのでこのブログを通じて報告させていただきます。

2019/01/01に産まれまして、現在は母子ともに退院をして現在子育て奮闘中でございます。

まずは、破水してから出産までのお話をさせていただきます!これから出産など控えている方やパパになる方にも参考になればと思います笑

・破水が起きてから出産まで

2018/12/31(月) この日は僕の仕事がお休みでうちの奥さんの実家に夜泊まりに行きました。

僕の仕事は介護士なので次の日は仕事でしたがせっかくの大晦日、お義父さんとお母さんと奥さんと4人でゆっくりお話ししながら過ごそうと思ってました。(正直奥さんの実家でゆっくりできるかと言ったら未だに緊張して疲れます笑笑)

この日の夜10時には寝床に入り、明日の仕事に備えようと思い奥さんと一緒に入眠しました。

2019/01/01(火) 午前4時ごろ破水

嫁「ねぇねぇ破水したかも〜」

僕「ん?本当にー?」(寝ぼけてます)

嫁「とりあえず病院行くー」

僕「えっ!?本当に破水してるの?準備する!!」

という感じで本当に寝ぼけていてこんな会話したなーとしか覚えてません笑笑

陣痛が始まってからの破水ではなく、破水から始まりました。

すぐに実家を出て車を用意して病院へ向かいました。向かってる途中、僕の身体に異変が…緊張のあまりう○こをしたくなってしまって冗談で「やばい陣痛(ウ○コ我慢痛)きた」と奥さんに言ったら「コンビニ行っておいでー」とすごく冷静に返されたのを覚えてます笑笑

2019/01/01(火) 午前6時半ごろ病院到着

この時の僕は、「たぶんお家に返されるのかなー?」と思ってました。

検査の結果、破水しており入院になって最初は陣痛室で過ごすことになりました。

うちの奥さんも僕もこんなにあっさり入院になるとは思ってなかったので何も準備してませんでしたが病院が全て準備してくれたので本当に助かりました。

いよいよ産まれるのかーとパパになる気持ちが高まってきました。仕事を休もうと思ったのですが看護師さんから「産まれるのは早くて今日か明日だと思うので旦那さんは仕事行ってください」となんだか追い出される様に言われました笑笑

とりあえず、看護師さんの言う通り仕事に行きました…

2019/01/01(火) 午後6時 退勤

仕事が終わり、奥さんに連絡しようと思ったら電話にも出ないしLINEも帰ってきません。

僕は心配性なので、不安になってしまいすぐに車で病院に向かいました。病院に着き陣痛室に入ると…

ほんとこんな感じ。 5分おきぐらいにうちの奥さんが陣痛の痛みに耐えて叫んでいました。

僕は見てられなくてほんと情けないと自分でも思いました。

2019/01/01(火) 午後7時20分 分娩室へ

陣痛の間隔が短くなり看護師さんが「そろそろあっちに移動しようか」と言って分娩室に移動することになりました。

「旦那さん立会いしますよね?このガウン着て分娩室に来てください」と白いガウンを渡される。

…このガウン臭い。ワキガの臭いがする

なんてことは気にせず分娩室に移動。

分娩台にいる奥さんを見ると本当にしんどそうだった。何か手伝えることないかなーと思ってたら看護師さんから「力んだタイミングで首の後ろを支えてあげてお臍を覗ける様にしてあげてください」と指示をいただきいざ実践!!

力んだタイミングで…

すみません。冗談です笑笑

そんな感じでサポートしていたらいつのまにか

2019/01/01(火) 午後7時41分 出生

元旦に2950gの元気な女の子が我が家にやってきました。

本当に感動しました。なぜか涙が出てきてうちの奥さんの強さにも圧倒されました。

本当に母子ともに元気で良かったです。

ちなみに、うちの奥さんの誕生日も元旦なんです!!もしかしたらママと一緒の誕生日が良かったのかもしれませんね。

2019/01/02(水) 午後2時 面会

子供が産まれてから1日が経ちうちの奥さんに会いに行きました。疲れ切ってるんだろうなーと思ったらスタスタ歩いててびっくり。しかもめちゃくちゃご飯食ってる。本当にうちの奥さんもそうですが世のママ様方の強さには頭が上がりません。笑笑

まぁ、平穏に入院生活を過ごしてついに

2019/01/05(土) 退院しました!

ママパパで子育て奮闘中でございますが頑張って愛娘を育てていきます!

本当に幸せです♡

I Believe In My Way

ABOUT ME
sinmaipapa0407
15歳でフィリピンにボクシング留学に行き、17歳帰国後プロボクサーになったが将来に不安を感じ引退。誰かの役に立ちたいと思い「介護士」になる。20で結婚し愛娘を授かり新米パパとして奮闘。愛妻家・愛犬家・親バカとしての毎日をブログに残してます。