★ブログ

★子供が産まれたらパパもママも子供も大忙し。予防接種の値段や種類についてまとめてみた。

こんにちは!新米パパあきら(@sinmaipapa0407)です!

今回は、将来子供の病気を予防するための「予防接種」についてまとめてみました。

これから子供が産まれる方は必見です!!

子供の命を守るためにもワクチンの大切さを理解してもらおうとこの記事を書かせていただきました。目を通してもらえると嬉しいです。

まずは、皆さんには「VPD」という言葉を覚えてもらいたいと思います。詳しく説明していきますね。

・VPDとは

  • Vaccineヴァクシーン=ワクチン
  • Preventableプリヴェンタブル=防げる
  • Diseasesディジージズ=病気

つまり、VPDとは「ワクチンで防げる病気」のことです。

自然免疫の方が強いでしょ。という考え方をお持ちの方も中にはいらっしゃるみたいですがやはり子供が一度病気にかかってしまうと、大人にとっては軽い症状でも子供にとっては重症になってしまいます。

世界中には、とてもたくさんの感染症が存在します。中には、マラリヤやデング熱のように、ワクチンがないために有効な予防ができず、年間何十万、何百万という人の命を奪っている感染症も少なくありません。

ニュースにもなっていることがありますが、ワクチン未接種により防げた病気にかかってしまい後遺症が残ってしまう子供や最悪の場合お亡くなりになってしまう子供。

「ワクチンを打っていればこんなことにならなかったのに」と後悔する前にしっかりとワクチンの大切さを認識し大切な子供の命のためにも理解を深めていきましょう。

・ワクチン接種は必ず打たないといけないのか?

「ワクチン接種は必ず打たないといけない」というものではありません。ごく稀にワクチンによる副作用などがあるためあくまで「打っておいた方がいい」ということになってるみたいです。

しかし、保育園や幼稚園の入園の手続きの際にワクチン接種をしたかどうか確認があります。ワクチンの接種をしないと入園できないこともあり、その場合ワクチン接種は必須となっています。

国は全てのワクチン接種を推奨いますが、副作用など調べてから打つことを僕はお勧めいたしますが重病にかからないためにはワクチン接種はしておいて損ではありません。

・子供が産まれてからのワクチン接種の種類

ワクチンにはどんな種類があるのか気になりますよね。実際「みんながやってるから打った」って言う人も少なくありません。ここではワクチン接種によって予防できる病気や値段なども紹介します。

※地域などによっては費用がかからない場合もあるのでかかりつけの小児科や病院に聞いてください。定期接種のものは期間内は無料ですが、なんらかの事情で受けられない場合にかかる費用を記しています。

・生後2ヶ月ワクチン接種

★B型肝炎ワクチン

  • 「接種開始時期」生後2ヶ月(産まれてすぐでも可)
  • 「接種回数」2回、追加1回
    「接種方法」注射
    「予防できる病気」B型肝炎、肝臓ガン
    「値段」6000〜8000円

★ロタウィルスワクチン

  • 「接種開始時期」生後2ヶ月
  • 「接種回数」2回〜3回(製品による)
  • 「接種方法」経口
  • 「予防できる病気」ロタウィルス感染症
  • 「値段」一回9000〜15000円

★ヒブワクチン

  • 「接種開始時期」生後2ヶ月
  • 「接種回数」4回(初回3回、追加1回)
  • 「接種方法」注射
  • 「予防できる病気」ヒブ感染症
  • 「値段」7200〜10000円

★小児用肺炎球菌ワクチン

  • 「接種開始時期」生後2ヶ月
  • 「接種回数」4回(初回3回、追加1回)
  • 「接種方法」注射
  • 「予防できる病気」細菌性髄膜炎、肺炎
  • 「値段」3000〜10000円

・生後3ヶ月ワクチン接種

●四種混合ワクチン

  • 「接種開始時期」生後3ヶ月
  • 「接種回数」4回(初回3回、追加1回)
  • 「接種方法」注射
  • 「予防できる病気」ジフテリア、破傷風、百日風、ポリオ
  • 「値段」原則無料〜10000円

●不活化ポリオワクチン

  • 「接種開始時期」生後3ヶ月
  • 「接種回数」4回(初回3回、追加1回)
  • 「接種方法」注射
  • 「予防できる病気」ポリオ、小児麻痺等
  • 「値段」4000〜6000円

・生後5ヶ月ワクチン接種

☆BCGワクチン

  • 「接種開始時期」生後5ヶ月
  • 「接種回数」1回
  • 「接種方法」スタンプ注射
  • 「予防できる病気」結核
  • 「値段」7000〜1万円 1歳までは無料

・1歳〜3歳までのワクチン接種

◎MRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)

  • 「接種開始時期」1歳の誕生日後すぐ
  • 「接種回数」2回
  • 「接種方法」注射
  • 「予防できる病気」麻しん、風しん
  • 「値段」9000〜12000円

◎水ぼうそうワクチン

  • 「接種開始時期」1歳〜1歳1ヶ月
  • 「接種回数」2回
  • 「接種方法」注射
  • 「予防できる病気」水ぼうそう
  • 「値段」7000〜9000円

◎おたふく風邪ワクチン

  • 「接種開始時期」1歳〜1歳3ヶ月
  • 「接種回数」2回
  • 「接種方法」注射
  • 「予防できる病気」おたふく風邪
  • 「値段」5000〜7000円

◎日本脳炎ワクチン

  • 「接種開始時期」3歳(生後6ヶ月から可)
  • 「接種回数」4回
  • 「接種方法」注射
  • 「予防できる病気」日本脳炎
  • 「値段」6000〜10000円

・その他打っておいた方がいいワクチン

◇インフルエンザワクチン

  • 「接種開始時期」生後6ヶ月以降の秋ぐらい
  • 「接種回数」毎年1〜2回
  • 「接種方法」注射
  • 「予防できる病気」インフルエンザ
  • 「値段」変動あるため不明

・ワクチン接種スケジュールを立てましょう!

ワクチンの種類を説明しましたが本当に種類が多く接種回数も1回だけでは終わらないものばかりなのでスケジュールを立てないと何回打ったか何を打ったか分からなくなってしまいます。

僕の子供の予防接種スケジュールの写真を載せますので参考にしていただければと思います。ここで書いてしまうと長くなってしまうので写真の方が分かりやすいかと…字が汚くてすみません笑

ちなみに僕の愛娘は1月1日生まれなのでスケジュールが立てやすかったです。みんなにも分かりやすいかと思います。

ぜひ、ご参考になればと思います。

・まとめ

今回は予防接種の種類や値段、防げる病気を調べてまとめてみましたがワクチンは高いものばかりですね。でも国が負担をして子供のために無料でワクチン接種ができるのは本当に恵まれているなーと感じました。

世の中ワクチン接種をしたくてもできない子供が沢山います。いつかみんながワクチン接種出来るような世界にしたいですね。

ではまた!I Believe In My Way


子育てパパランキング
ABOUT ME
sinmaipapa0407
15歳でフィリピンにボクシング留学に行き、17歳帰国後プロボクサーになったが将来に不安を感じ引退。誰かの役に立ちたいと思い「介護士」になる。20で結婚し愛娘を授かり新米パパとして奮闘。愛妻家・愛犬家・親バカとしての毎日をブログに残してます。