★ブログ

★保育士の虐待

今回は某新聞で取り上げていた「保育士の虐待」について書こうと思います。

保育士さんや介護士の虐待行為って年々増えている傾向にあるそうです。

・保育士の虐待現状

突き飛ばす、閉じ込める、いすを投げる、園長が職員に罵声

このような悲しい実態が明らかになっています。ただ虐待、パワハラ等をしてしまう原因があるはずです。色々と調べてみました。

背景に「1人で多くの園児をみる」「休憩が取れない」労働環境

自分自身が感情的に対応してしまった経験も、10人が認めました。その時の状況について、「1人で20人以上の子どもを見ていた」「休憩が取れず、サービス残業が多い」「先輩のパワハラがあった」などストレスを抱えていたことを挙げる人が多くいました。「子どもがかわいいと思えない時がある」と打ち明けた人もいました。

アンケートをまとめたユニオンの担当者、池田一慶(いっけい)さん(39)は「保育士が厳しい労働環境で追い詰められている表れだと思う。行政の定める基準では保育士の配置人数が少なすぎ、一人一人の過重労働で現場が成り立っているのが現状」と話します。

ふだんから寄せられる相談の約8割は、残業代が出ない休憩時間がないなどの労働基準法違反にあたる内容といいます。池田さんは「このままでは子どもの安全を守るという最低限の保育も保障されない。改善が必要」と訴えています。

正直な話。。。このような「残業問題」「休憩時間」がない等はよくある事だと思っていました。そしてそう思っていたからここまで深刻なことになるとは思っていませんでした。一人の子供を育てるだけでも大変なのに複数人見るから「ストレス」が溜まり「虐待」に繋がってしまうのでしょうか?

以下は今年126日付け産経ニュース。

園児を縛って粘着テープ 保育士の女を逮捕 警視庁

勤務先の認可外保育施設で男児(6)の口に粘着テープを貼っては剥がすなどしたとして、警視庁赤羽署は27日、暴行の疑いで、自称埼玉県■■■市■■、保育士、■■(■■■■)■■容疑者(28)を逮捕した。容疑を否認している。

■■容疑者は、この男児の食べ物にからしを入れたり、別の園児をたたいたりするなどしている様子が同僚らに目撃されていたといい、同署は日常的に虐待があった可能性もあるとみて、詳しい経緯を調べる。

逮捕容疑は15日午後1時40分ごろ、東京都■区■■の託児所「保育ルーム キッズ●●●●●●園」で、男児の両手をひもで後ろ手に縛り、口元に粘着テープを貼って剥がすなどしたとしている。

男児の両親が同署に相談して発覚。同署によると、■■容疑者は託児所が開所した平成24年7月当初から勤務していたという。

これは、本当に酷いニュースだと思いました。ニュースでは取り上げない虐待は日本全国を見て沢山あるはず。メディアが取り上げるのはほんの一部。いいニュースはほとんど無いのが現状。介護業界もそうなのかな・・・。

保育士の虐待「見たことある」25人中20人 背景に人手不足、過重労働ユニオン調査で判明

調査をする団体は沢山あると思いますが、同じような結果が出ると思う。子供がアザを作って帰ってきたらみなさんはどう思いますか??僕は正直に言うと「遊んで怪我したんだろうな」と思ってしまいますが、中には抓られたようなアザ・引っ掻かれたような傷があったりするかもしれません。僕の友達が保育士さんにやられたような傷があったと言っておりました。辛いものです。。。

だけど、最初にも言った通り「虐待」をしてしまう理由があるはずです。「子供を傷つけるなんて酷過ぎる」と思う方もいると思いますが保育士さんの気持ちになったら変わってしまうと思います。

国は待機児童を減らすことばかり目がいっていると思います。そうではなく、保育士の人手不足を解消していかないと虐待は無くならないと思います。

普段、子育てをしていても、通常時なら「あーあ、もう」とうんざりするくらいで済むところが、どこか自分に余裕がないとイラッと来て怒ってしまったりしますよね。

「バカモーン」と、思わずペチッとしてしまうことだってあります。

そんなときは、「あれ? 自分怒りっぽくなってない?」と自分にツッコミを入れることもあります。そして、「どこに原因があるんだろう?」と冷静に自分と向き合ってみたりします。

でも、自分で自分にツッコミを入れられるくらいなら、まだ自分で対処できる状態なんですよね。

きっと、虐待をしてしまったお母さんや、暴行を働いてしまった保育士は、自分で自分を把握できない、ストップもかけられない。

こんなことしちゃダメ、でもイライラも止められない、苦しい、でもどうしたらいいのか分からない! という状態だったんだろうなといつも思うんです。

可愛い子どもを託す保育士さんを、こんな状態にまで追いつめたいと思っている保護者はいないはず。何が何でも待機児童を減らすというのはちょっと違うと思うんです。その辺りよく考えて、モノゴト進めてほしいなと思います。

ABOUT ME
sinmaipapa0407
15歳でフィリピンにボクシング留学に行き、17歳帰国後プロボクサーになったが将来に不安を感じ引退。誰かの役に立ちたいと思い「介護士」になる。20で結婚し愛娘を授かり新米パパとして奮闘中。日々、有益な情報を提供したいと思いブロガーとしても活動。