★ブログ

★(体験談あり)ちょっと待った!!そのサイン産後うつかもしれません。

こんにちは!新米パパあきら(@sinnaipapa0407)です!

今回は育児をしているママ・パパさん向けの記事となっております。

皆さんは「育児ノイローゼ」という言葉を聞いたことがありますか?これはいわゆる産後うつの1つとされています。

女性にとって大きな幸せである出産。ところがこの出産をきっかけにうつ病を発症する女性が多いことがわかっています。これを「産褥期うつ病(産後うつ病)」といいます。

この、産後うつは現在10人に1人の割合であらわれるといわれています。

なぜ、うつ病になってしまうのか調べてみました。さらに今回は産後うつになってしまった友人の話も書いていきます。(了承済み)

・産褥期うつ(産後うつ病)とは?

産後うつは赤ちゃんを産んだばかりのママに現れる病状です。産後、ママには、辛くて後ろ向きな感情や考えが長く続くことがあります。

出産後23週間で発症する人が多いですが、34ヶ月経ってから発症する人もいます。

この産後うつには様々な原因があります。

1-1 ホルモンバランスの乱れ

産後うつの主な原因の一つは、出産後のホルモンバランスの乱れです。

妊娠中に分泌されていた女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が激減し、授乳ホルモンである「プロラクチン」が急増することで、ホルモンバランスが大きく変動します。

このホルモンバランスの乱れが、自律神経に影響を及ぼし、産後うつの症状を引き起こします。

補足

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは、一般的には8・9歳頃から、卵巣で分泌され、女性らしいからだ作りを助けるホルモンです。思春期においては、乳房の成長や子宮・膣の発育などを促すとともに、身長や体重の増加に役立ちます。女性ならではのまるみをおびたからだつきをつくるのも、エストロゲンです。
分泌量が増える12歳前後になると、女性は初潮を迎えます。エストロゲンは、生理にも密接に関わっており、閉経まで、生理の周期ごとに分泌量の増減を繰り返します。

  • プロゲステロン

最も主要な黄体おうたいホルモン。主として卵巣の黄体や胎盤より分泌され、妊娠を維持する作用がある。

  • プロラクチン

プロラクチンは、主に脳下垂体前葉のプロラクチン分泌細胞から分泌されるホルモンである。 主なプロラクチンは199個のアミノ酸から成りたっている。

1-2 ワンオペ育児

子育てを母親1人で行わざるをえないいわゆる「ワンオペ育児」など、家族などの周囲のサポートの不足なども原因の1つであると指摘されています。

シングルマザーや旦那さんの仕事。ママ一人で子育てをしないといけない。これが何年、何十年も続くのかと考え込んでしまい誰にも相談できず、むしろ相談できる余裕がなくなり鬱になってしまうことが多いそうです。

・産後うつの症状

  • 疲労感、不眠
  • 不安、緊張、パニック
  • イライラする
  • 希望を持てない
  • 集中力や記憶力が弱くなる
  • 気分が変化しやすい
  • せかせかする
  • 興味に欠ける
  • 自分を責める
  • 自分を情けなく思う
  • 食欲がなくなる
  • 子供や夫に愛情を感じなかったり、持てない

このような症状が複数あったら注意が必要かもしません。産後うつはなかなか自分では気づけない病気と言われています。勇気を出して病院に行ってみるのも必要です。

エジンバラ産後うつ質問票(EPSD)という産後うつのチェックシートがあります。URL貼りますのでぜひやってみてください。

サイトはこちら⇨http://www.kizunamail.com/epds

・他人事ではないです。命に関わることかもしれません!

2年間で92人。これは、2016年〜2018年までの2年間にみずから命を絶った、出産後1年未満の母親の人数です

たった2年間でこれだけの人が子供を残して自ら命を絶ちこの世を去りました。

それだけ産後うつというのは重い病気なんです。

・友人の産後うつ体験談

私は、19歳の時に妊娠をしました。出産予定日前に前期破水を起こしすぐに入院となりました。陣痛がなかなか来なくて促進剤を使用することに。それでも子宮口はなかなか開かず60時間後母子ともに危険と判断され帝王切開になりました。

そして20歳で男の子を出産し無事ママに!!しかし、喜ぶ余裕もなく麻酔から目を覚ました頃には疲れ切っていました。

子供を見て最初に思ったことがなんでお腹切らないといけないの…でした。

あまり、喜べなかったのです。これがもうすでに鬱の始まりだったとはこの時は知らずに。

退院後、里帰りすることなく旦那さんと一緒に過ごすことにしました。旦那は建築塗装関係の仕事についており朝は早く、夜は遅いという感じでした。

初めての子育てだったため、何もわからず若くして産んだため周りにママ友と呼べる人はいなく自分で考えながら頑張っていくしかありませんでした。

新生児の頃の夜泣きのペースが2時間から3時間に1回のペースで起こり、眠れない日が続きました。

そんな日が続き自分の身体に変化が起きました。

「私ってこんなに痩せてたっけ?」と鏡に写っていた自分の身体をそう思いました。

出産したから痩せたのかな?と思っていたのですが考えてみると育児に追われすぎて1日1食しか食べていなかったのです。

育児だけが原因かと言われるとそうではないのですが旦那のお弁当を作ったり、帰って来る前に夕ご飯を作ったりなど、疲れでご飯を食べる力も残されていませんでした。

「全て、育児も家事も真面目にやらないと」

こう思っていた私にとうとう限界がきてしまいます。

子供が3ヶ月になりだいぶ夜泣き等も落ち着いてきて長く寝るようになった頃のことです。子供の寝顔を見てこんなことを思ってしまったのです。

「産まなければ友達とたくさん遊んだりできたのに、旦那もなにもしてくれないから2人ともいなくなっちゃえばいいのに」

その時、自分が思った事に怖くなり涙が出て止まらなくなってしまいました。

こんなこと考えちゃダメ。と思ってもすでに遅かったです。台所まで行き目の前にあった「キッチンハイター」を飲んでしまいました。

ここからはなにも覚えてなく、目が覚めた時にはICU(集中治療室)の中でした。

キッチンハイターを飲む前に旦那とお母さんに「もう死にます」というメッセージを無意識に送っていたみたいで、お母さんは家が近かったためすぐに来て救急車を読んでくれたそうで一命は取り留めました。

メッセージを送ったということは、本当に死ぬ気持ちがあったわけではなくただ誰かに気づいて欲しかったんだと思います。

それから、旦那さんは仕事を変えて育児ができる環境を整えてくれました。1週間に一度お母さんも会いにきてくれるようになりました。

あの一件以来、心療内科に通う事にして地域のママ友会にも参加するようになり心も体も安定してきています。

心療内科の先生には「一度うつ病になったものは一生付き合っていくものだからね。良きパートナーと思って付き合っていきなさい。」と言われています。

現在子供は4歳になりましたが、あのままもっと我慢をしていたら子供に手を出したり違う方法で自分の命を絶っていたかもしれません。

身体って正直なもので限界を知らせてくれたんだなーと今ではそう思えます。

致死量を飲む勇気もなければ、死ぬ勇気もない私がそこまで追い込まれている事に身体が気づかさせてくれました。

今では、きちんと向き合い子育てにも余裕が持てるようになり幸せな生活を送っています。

・今、産まれたばかりの子供を育てているママさんへ。

私のこの体験談は嘘だ。と思っている人もいるかもしれませんが構いません。産後うつというものは他人事ではないということを知って欲しいのです。私みたいになる前に出産後は自分のケアに励んでください。子育ても大事ですが自分の身体も大切です。

ママのココロがしっかりしていないと子供にも影響してしまいます。

頑張らなくていいんです。あなたはちゃんと子育てできています。焦らなくてもいいんですよ。

自分のペースで子育てすればいいんです。手を抜いてもいいんです。周りにもしっかり相談しましょう。話すだけでも楽になります。

溜め込まず、ありのまま自分でいてくださいね。

・最後に

ここまで、読んでいただきありがとうございます。

産後うつは本当に他人事ではありません。ママは自分が鬱なのか気づかないことが多いです。なのでパパは少しでもママの変化に気づいてあげてください。

話を聞いてあげるだけでも違うはずです。自分から命を絶ってしまう人がいなくなるよう心から願っています。

ではまた!I Believe In My Way

ABOUT ME
sinmaipapa0407
15歳でフィリピンにボクシング留学に行き、17歳帰国後プロボクサーになったが将来に不安を感じ引退。誰かの役に立ちたいと思い「介護士」になる。20で結婚し愛娘を授かり新米パパとして奮闘中。日々、有益な情報を提供したいと思いブロガーとしても活動。