★ブログ

★ブロッコリーはスーパーフード!!アメリカでは〇〇の象徴なんです♪

突然ですが、皆さんはブロッコリー好きですか??

スーパーなどでブロッコリーがよく売られていますが、決して野菜の中では安いものではないので、あんまり手に取る人っていないですよね。

しかし、日頃筋トレをされている人や健康意識が高い人は毎回と言っていいほどブロッコリーを買います!僕自身もブロッコリーを食べていますし、買いにもいきます。

なんでそんなにブロッコリーを買うのかというと、ブロッコリーはスーパーフードだからなんですよ♪

栄養価も高く、筋肉にもいい影響を与えてくれる。さらには美肌効果や、ダイエット効果にも期待されています。

ちなみにタイトルの〇〇に入る言葉は「健康」です。アメリカではブロッコリーは健康の象徴として愛されている食材なんですよ。

そんな、ブロッコリーの魅力を紹介します♪

ブロッコリーの栄養はどのぐらいあるのか??

生のブロッコリー可食部100gあたりの成分

エネルギー 33kcal
タンパク質 4.3g
脂質 0.5g
炭水化物 5.2g
水分 89.0g
灰分 1.0g
飽和脂肪酸 0.06g
不飽和脂肪酸 0.15g
コレステロール 0g
食物繊維 4.4g
カロテン当量 810μg
ビタミンE 2.9mg
ビタミンK 160μg
ビタミンB1 0.14mg
ビタミンB2 0.20mg
ナイアシン 0.8mg
ビタミンB6 0.27mg
葉酸 210μg
パントテン酸 1.12mg
ビタミンC 120mg
ナトリウム 20mg
カリウム 360mg
カルシウム 38mg
マグネシウム 26mg
リン 89mg
1.0mg

ブロッコリはとても栄養価が高い野菜で、100g食べれば1日に必要なビタミンCが摂れてしまうんです。もちろん、ビタミンCだけではなく、葉酸、ビタミンE、ビタミンK、カリウム、食物繊維などの様々な栄養素が豊富に含まれていて、野菜の中でかなり栄養価が高いものなんです。

葉酸が多く含まれているので、妊娠中の方にもオススメです!!

それでは、ブロッコリーに特に多く含まれている栄養素を一つ一つ紹介します!

①タンパク質

ブロッコリーに含まれるタンパク質は、100g当たり4.3g

緑黄色野菜の中では一番多くなっています。

野菜に含まれているタンパク質はアミノ酸スコアが低いとされていますが、それでもブロッコリーに含まれるタンパク質は野菜の中では一番いいとされています。

野菜の中にはタンパク質がほとんどないものが多いのでブロッコリーは優秀な野菜と言えますね!

アミノ酸スコアとは・・・タンパク質の栄養価を示す指標を「アミノ酸スコア」と呼びます。タンパク質を構成するアミノ酸は、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に区分されています。

②ビタミンB群

筋肉を作るうえで必要な栄養素はタンパク質の他にビタミンも外せません。

ビタミンB6は摂取したタンパク質をアミノ酸へと分解する効果があります!

つまり、ビタミンB群が摂取されていないとタンパク質は吸収されないのです。またビタミンB1には糖質を分解する力も分解を助ける効果があり、筋肉へのエネルギーを補給する上で重要な栄養素となっています。

③ビタミンC

ブロッコリーには100gあたり120mgとレモン約1.2倍ものビタミンCが含まれています。

ビタミンCにはいろいろな病気などに対するストレスの抵抗を高め、抗酸化作用で有害な活性酸素から体を守る効果があります。

ここで言うストレスとは、「暑さ」「寒さ」「疲労」「苦痛」「睡眠不足」「働きすぎ」などの身体的ストレスと、心因的ストレスの両方を指します。

筋トレにより筋肉は大きなストレスをうけて疲労した状態となります。その状態の回復に役立つのがビタミンCです。

④マグネシウム

マグネシウムは生体機能維持に必要なミネラルです!

骨や歯の形成にも大きな影響を及ぼす栄養素で筋肉には約30%含まれています。

脂質代謝や糖質の代謝に大きくかかわり、筋肉の収縮や血糖値の調整などにも影響があるとされていて、筋肉を作るうえでは重要な役割になります。

またマグネシウムにはビタミンBの排出を食い止める役割があります。

⑤インドリルメタンと13C

この二つは女性ホルモンであるエストロゲンの働きを抑える効果があるとされています!

エストロゲンは脂肪の燃焼を妨げて筋肉の発達を妨げるという働きがあり、このホルモンがより多く分泌されている女性が男性よりも筋肉がつきにくいとされる理由です。

男性にも、もちろんこのエストロゲンというホルモンは分泌されていて、この働きを抑えるのがインドリルメタンと13Cの2つの成分です!

ブロッコリーを沢山食べれば筋肉が付くのか?

ブロッコリーには確かに豊富な栄養があり筋トレには素晴らしい効果が期待ができます。筋肉にとって、とてもいい食材ではあります。

しかし、それだけに偏ると過剰摂取になってしまう栄養素もあり、逆に足らない栄養素も出てきます。筋肉のためだけでなく、体には必要な栄養をしっかりと摂って体全体の機能維持に努めることが筋肉を育てる上でも必要なことです。

ブロッコリーだけでは足りない栄養素を補うのは、サプリメントでもいいかもしれませんね!オススメのビタミン系サプリはこちら↓

生酵素でダイエット!オーガニックマルチビタミン、7,500億個の乳酸菌配合で話題のダイエットサプリ「ウィータ!」

 

「美容プロテインBicle(ビクル)」

ブロッコリーのおすすめ調理法!

ブロッコリーに含まれる栄養素、特にビタミンの中には水が茹でることによりその栄養素が流れ出てしまうものがあります。

ビタミンBやビタミンC等は特に加熱によって大半が失われてしまいます。

ブロッコリーを茹でる時間は極力短めにすると栄養の損失が食い止められます。ビタミンが壊れにくい調理方法としては電子レンジもおすすめです!

ブロッコリーの魅力は伝わりましたか??これを機にブロッコリーを愛してください♡

皆さんも健康を第一に考えてくださいね!家庭を持っている方は倒れてしまったら元も子もないですからね・・・。

それではまた!!I Believe In My Way

ABOUT ME
sinmaipapa0407
15歳でフィリピンにボクシング留学に行き、17歳帰国後プロボクサーになったが将来に不安を感じ引退。誰かの役に立ちたいと思い「介護士」になる。20で結婚し愛娘を授かり新米パパとして奮闘中。日々、有益な情報を提供したいと思いブロガーとしても活動。